二〇二〇年東京五輪・パラリンピックに参加する北マケドニアの「ホストタウン」に登録された茅ケ崎市が、市役所で記念イベントを開いた。市民ら約百人が、同国のアナ・デレバン・ブラジェスカ駐日臨時代理大使の話に耳を傾けた。

 同国は旧ユーゴスラビア構成国で、ヨーロッパ南東のバルカン半島中央部に位置し、ギリシャやブルガリアなどに囲まれる。一九九一年に独立し、今年に入って「マケドニア」から「北マケドニア」に改称した。

 同臨時代理大使は、首都スコピエに生まれ、貧困救済に生涯をささげたノーベル平和賞受賞者のマザー・テレサ(一九一〇~九七年)や国の歴史などを紹介。六三年に地震で大...    
<記事全文を読む>