NPO法人スポーツコミュニティー軽井沢クラブは21日、カーリング男子のSC軽井沢クラブでスキップとして平昌五輪に出場した両角友佑(34)が新チームを立ち上げるために4月末で退職したと発表した。両角友は24日に北佐久郡軽井沢町内で記者会見を開き、2022年の北京冬季五輪を目指す新チームの発足を正式に発表する。

 両角友は昨年12月に女子の中部電力のコーチに就任し、並行して選手として今春から新チームを立ち上げる方針を示していた。クラブによると、競技を続けられる環境を広げるために独立して新チームを発足させる決断をしたという。中部電力のコーチも引き続き務める。
...    
<記事全文を読む>