車いすバスケットボール女子の日本チームが20日、宮城県の角田市総合体育館で強化合宿をスタートさせた。2020年東京パラリンピックへ向け、26日までトレーニングや強化試合などに臨む。
 参加選手は14人。市や市体育協会などでつくる「強化合宿を支援する会」のメンバーがセレモニーを開き、歓迎した。
 角田市在住の岩佐義明監督(61)は「角田から力をもらって、実のある合宿にしたい」と宣言。主将の藤井郁美選手(36)は「ご飯がおいしい角田で合宿できてうれしい。温かいサポートを頂き、来年につなげたい」と意気込んだ。
 合宿は一般公開され、車いすを力強く操る選手たちを市...    
<記事全文を読む>