団体戦で争う柔道の河北新報旗争奪東北学生優勝大会(東北学生柔道連盟主催、河北新報社共催)は19日、仙台市の宮城県武道館で開かれ、7人制の男子は仙台大が3年ぶり3度目の優勝を飾った。
 男子は7校がトーナメントで争い、決勝は仙台大が4-1で弘前大を破った。女子5人制は3校がリーグ戦を行い、仙台大が全勝で13連覇した。男子の上位4校と女子の3校は、6月22、23日に東京・日本武道館で開催される全日本学生優勝大会に出場する。

◎長谷川、一本勝ちで勝負決める

 決勝は仙台大の長谷川が副将戦で勝負を決めた。残り1分22秒、相手の体の重心がわずかに右へ傾いた一瞬を...    
<記事全文を読む>