日本最大の自転車国際ロードレース「2019ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)」は19日開幕し、大阪府堺市の大仙公園周回コース(2・6キロ)で行った第1ステージの個人タイムトライアルで、宇都宮ブリッツェンの岡篤志(おかあつし)が3分6秒69で初優勝した。国際自転車競技連合(UCI)公認レースのTOJステージ優勝は、岡自身初。チームとしては昨年の第2ステージでの雨沢毅明(あめざわたけあき)の優勝以来2度目となる。

...    
<記事全文を読む>