四月にマレーシアで開かれた自転車競技BMXのアジア大会で、秩父市立影森中学校二年の浅見渚(あざみなぎさ)さん(13)が、優勝を果たした。市内在住の世界的なプロライダー高山一成(かずしげ)さん(30)の指導を受け、メキメキと頭角を現した。二〇二四年のパリ五輪出場に向け、練習にいっそう力が入っている。

 浅見さんは、マレーシアの都市ニライで開かれた「2019BMXアジア選手権大会」の女子十三~十四歳の部に出場。

 レースは高低差のある約四百メートルのコースで実施され、八人の選手が出場する中、三十六秒二九三のタイムで見事、栄冠を手にした。

 BMXを始めた...    
<記事全文を読む>