ソフトボール男子の日本リーグ第2節岐阜羽島大会(岐阜新聞社、岐阜放送後援)第1日は18日、羽島市運動公園で8試合を行い、県勢の日本エコシステムは平林金属を3―2、YKKを10―1で下し2連勝。通算4勝2敗の6位とした。

 平林金属戦、1―1の五回、島袋光太の三塁打を足掛かりに、古賀健太の右前適時打で勝ち越すと、暴投で加点。先発竹本流星は威力ある直球とライズボールで要所を締めて2失点で完投した。

 YKK戦は一回、山下治の2ランで先制。三回には奥村翼のランニング満塁弾で突き放した。先発の本多祐貴は5回1失点、継投の平新之介も2回を無安打で封じた。

 次...    
<記事全文を読む>