国際空手道連盟極真会館秋田支部羽後道場に所属する菅天希(たかき)さん(14)=羽後中3年=が、先月20日に開かれた第15回国際青少年空手道選手権大会の13・14歳男子55キロ以下級で準優勝した。これまでの同大会での県勢最高成績で、菅さんは「来年は優勝を目指したい」と意気込んでいる。

 同大会は極真会館が開催する「国際親善大会」の一つで、小中学生を対象に、対戦相手に技をダイレクトに当てる直接打撃制(フルコンタクト)の組み手試合を行う。国や流派を問わず参加資格があり、今回菅さんが出場した部門には、国内やオーストラリア、ロシアなどから58人が参加した。

...    
<記事全文を読む>