国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級タイトルマッチ(19日)の予備検診と調印式が17日、試合会場の神戸ポートピアホテルであり、同級3位の小西伶弥(真正、神戸市灘区出身)と王者フェリックス・アルバラード(ニカラグア)は共に異常なしと診断された。小西は「“伶弥”が“令和”初の世界王者になる」と、自らの名前と新元号をかけて王座奪取を誓った。

 検診では、小西は身長163・5センチでアルバラードより5ミリ高かったが、リーチは相手を8センチ下回る165センチ。小西が「大きい選手ともスパーリングしている。自分のボクシングを出すだけ」...    
<記事全文を読む>