静岡県は16日までに、障害者向け自転車競技「パラサイクリング」の県大会を今年10月、静岡市駿河区の静岡競輪場で開催する方針を固めた。関係者への取材で分かった。パラサイクリングに都道府県単位の大会はなく、県大会の創設は全国初となる。
 2020年東京五輪・パラリンピックで自転車競技が開かれる本県で、五輪に比べ盛り上がりに欠けるパラリンピックの機運を高める狙いがある。東京パラのレガシー(遺産)とするため、来年以降も継続開催する。県内の特別支援学校とも連携して競技者の裾野を広げ、障害者の社会参加やパラ選手の育成につなげる。
 大会は県が主催し、日本パラサイクリング連盟や県...    
<記事全文を読む>