対戦型コンピューターゲーム、eスポーツの普及と健全な発展を目指して、群馬県eスポーツ連合が16日、設立された。大会の企画運営や支援、選手育成、教室開催などに取り組み、産業としても確立を図る。アジア大会や国体文化プログラムに採用、プロ野球やJリーグのチーム対抗戦も開かれ、スポーツの一ジャンルとして認識が高まっている。県連合は本県をeスポーツの国内メッカとすることを目指す。

 当面はパズルゲームの「ぷよぷよeスポーツin上毛新聞社」(6月)を企画・運営し、茨城国体「ぷよぷよ」県代表決定戦(7月)に協力する。暴力やいじめを助長しないよう、反社会的ゲームや偏った格闘ゲーム...    
<記事全文を読む>