二〇二〇年東京五輪・パラリンピックに向け、松戸市がホストタウンとして交流しているルーマニアの陸上男子リレーチームが市内で初めて合宿し、松戸運動公園陸上競技場で十三日、市民に練習を公開した。

 市は一六年十二月、ルーマニアのホストタウンとして登録。市民マラソン大会にルーマニア選手を招いたり、ルーマニアの女子レスリング選手たちが市内のレスリングクラブを訪れ、子どもたちと交流したりしている。今回、来日したのは十九日に大阪市で開催される「セイコーゴールデングランプリ陸上2019」の四百メートルリレーに出場を予定している選手五人と監督ら。競技場に到着した選手たちは市民に拍手で迎えられ...    
<記事全文を読む>