女子7人制ラグビーのリージョナルウィメンズセブンズ関東大会が11、12の両日、千葉県内で行われた。静岡県のアザレア・セブン(袋井市)は3位に終わり、上位2チームに与えられる太陽生命ウィメンズセブンズシリーズの入れ替え戦(7月)の出場権を逃した。
 大会には8チームが参加した。アザレア・セブンは決勝トーナメント1回戦に勝利したが、準決勝で四国大に5―36で敗れた。3位決定戦はユニコーンズに29―17で勝った。
 アザレア・セブンは6月1、2日に岐阜県で行われる関西大会に出場し、入れ替え戦出場権を懸けて再挑戦する。

...    
<記事全文を読む>