国際テニス連盟(ITF)公認の女子ワールドツアー「福岡国際女子テニス2019」(九州テニス協会主催、西日本新聞社など共催)は最終日の12日、福岡市の博多の森テニス競技場でシングルス決勝を行い、第2シードのヘザー・ワトソン(英国)が第1シードのザリナ・ディアス(カザフスタン)にストレート勝ちして初優勝を飾った。ワトソンはダブルスとの2冠を達成した。

...    
<記事全文を読む>