今季から社会人アメフットのXリーグ1部(X1)に九州勢で初昇格したみらいふ福岡SUNSが11日、神戸市の王子スタジアムで昇格後初の公式戦となったグリーンボウル1回戦に臨み、エレコム神戸に10-38で敗れた。26日のアズワンとの3位決定戦に回る。

 今季X1は8チームのスーパーと12チームのエリアの2部制となり、みらいふ福岡はエリアに所属。エレコム神戸は格上のスーパー所属で「個々の能力差、スピード感でレベルが違った」と、みらいふ福岡の吉野至代表(30)は認めた。唯一のタッチダウン(TD)も第1Qのキックオフリターンでのもので、獲得ヤードも相手の546に対して231。いきなりX...    
<記事全文を読む>