アメリカンフットボールの兵庫県高校春季大会最終日は11日、神戸市灘区の王子スタジアムで決勝があり、関学が20-8で啓明を破り、2年連続47度目の優勝を飾った。

 関学は宿敵とのシーソーゲームを制し、名門の意地を見せつけた。「接戦になることは分かっていた。(連覇を果たし)正直ほっとしている」。逆転の起点となったQB前島主将は安堵(あんど)の表情で汗を拭った。

...    
<記事全文を読む>