車いすバスケットボールの日本選手権は11日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで準決勝が行われ、男子日本代表の藤本らを擁し11連覇を目指す宮城MAXと、初優勝を狙う埼玉ライオンズが決勝に進んだ。
 宮城MAXはワールドBBC(愛知)を67-57で下した。藤本は31得点と活躍。埼玉ライオンズはパラ神奈川スポーツクに59-48で快勝した。

<女子の藤井郁、チームのバランス支える>
 11連覇を狙う宮城MAXは落ち着いていた。最終盤でリードは4点。選手たちは冷静に振り切った。
 60-56の残り4分から約3分、スコアが動かない。両チー...    
<記事全文を読む>