バドミントン女子ダブルスの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)が、4月末に初めて世界ランキング1位となり、東京五輪代表選考レースで好位置に付ける。ともに23歳のペアは、男女混合の団体戦で争う国・地域別対抗戦、スディルマン杯(19~26日、中国)にも初選出された。長身から繰り出す攻撃力を武器に、勢いに乗っている。

 8日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター。スディルマン杯の代表が集まった練習で、シャトルをたたく音がひときわ響く。永原は170センチ、松本は今回の男子代表を含めて2番目の177センチの長身。高い打点から打ち下ろすスマッシュの威力はチームメート...    
<記事全文を読む>