ラグビーの元オーストラリア代表選手によるクリニックが9日、別府市の東山小・中であった。子どもたちは、今秋のラグビーワールドカップ(W杯)大分開催で試合をする強豪国の元選手と触れ合い、ラグビーの魅力を感じた。クリニックは競技の普及とW杯に向けた機運の醸成を目的に、県が開いた。
 児童、生徒40人が参加。1999年のウェールズ大会の優勝メンバーだったマシュー・コックベインさんら3人が講師を務めた。パス回しやラグビーボールを使ったミニゲーム、記念撮影などで交流を深めた。
 ラインアウトを体験した都甲瑠衣さん(13)=中学2年=は「想像していた以上の高さで驚いた。ラグビーボ...    
<記事全文を読む>