袋井市の女子7人制ラグビーチーム「アザレア・セブン」が11、12日、初の公式戦となるリージョナルウィメンズセブンズ関東大会に挑む。大学、社会人8チームが参加予定で、2位以内に入ると国内最高峰の大会、太陽生命ウィメンズセブンズシリーズの参入を懸けた入れ替え戦(7月)の出場権を得る。発足からわずか約2カ月の急造チームは腕試しへ士気を高めている。
 トライアウトに合格したメンバーは3月下旬に始動し、毎週末に練習を積んできた。4月下旬には突破力に優れたニュージーランドとトンガ出身の選手4人も合流。聖光高との練習試合などを経て、徐々にチームプレーの精度を高めてきた。外国人選手に加え、パ...    
<記事全文を読む>