2003年のラグビーワールドカップ(W杯)でイングランドを初優勝に導いたジョニー・ウィルキンソンさん(39)ら世界的スターが6日、釜石市鵜住居(うのすまい)町の釜石鵜住居復興スタジアムを訪れた。キックの名手だった元SOは東日本大震災の被災地である同市でW杯が開催されることについて「世界中の人がエネルギーを受け取ることになる」と期待を込めた。

 前日に市民と交流を深めた元日本代表の広瀬俊朗さん(37)、元フランス代表のティエリー・デュソトワールさん(37)とクリスチャン・カリファノさん(46)、オーストラリア代表でトップリーグのサントリーに所属するマット・ギタウ(36)も訪問...    
<記事全文を読む>