スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)は5日、中国の呉江でボルダリング第4戦の決勝が行われ、男子で2016年世界選手権王者の楢崎智亜(TEAM au)が優勝し、通算4勝目を挙げた。原田海(日新火災)は2位に入り、土肥圭太(鹿児島県連盟)は4位、藤井快(TEAM au)は5位。

 女子は野口啓代(TEAM au)が2位。伊藤ふたば(TEAM au、盛岡中央高2年)は準決勝で敗退して7位だった。

...    
<記事全文を読む>