競泳女子元五輪日本代表の岩崎恭子さんや松本弥生選手らを輩出した沼津市のスイミングクラブ「沼津スポーツセンター」がこのほど、会員減少や施設の老朽化に伴い、40年の歴史に幕を閉じた。5月7日に取り壊しが始まる予定で、関係者は「残念だが、小さなプールから五輪選手が2人も出たことは誇り」と胸を張る。
 クラブの創立は1979年。「沼スポ」の愛称で親しまれ、基礎習得や記録向上、健康増進など、幅広い世代がさまざまな目的で水泳を楽しんだ。
 コーチを務めてきた清高久さん(61)は今年初め、閉館の知らせを聞いた。コーチ歴は35年以上。幼少期の岩崎さんや松本選手を見てきた。3人目の五...    
<記事全文を読む>