陸上のセイコー・ゴールデングランプリ大阪は19日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、女子400メートル障害は宇都宮絵莉(長谷川体育施設、園田女大出)が57秒31で日本人最高の5位だった。

 2016年リオデジャネイロ五輪金メダリストのムハンマド(米国)らが参戦した女子400メートル障害。「レベルの高い選手とのレースを楽しみにしていた」という宇都宮は日本人トップの5位だったが、57秒31で自己ベストの56秒84には及ばず「走りはよくなってきていると感じているので、もう少し何か残したかった。少し悔しい」と満足しなかった。

...    
<記事全文を読む>