陸上の日本選手権1万メートルは19日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われ、男子は田村和希(住友電工)が28分13秒39で初優勝を飾った。坂東悠汰(富士通、津名高-法大出)が28分20秒72で2位に入った。

 「5000メートルで戦いたい」と社会人生活をスタートさせたばかりの坂東が男子1万メートルで2位。28分20秒72で自己ベストを24秒15更新し「最後に粘れたのはよかった」と充実した表情を見せた。

...    
<記事全文を読む>