第45回県春季陸上競技選手権は2日目の11日、青森市の県総合運動公園陸上競技場で男女計14種目の決勝を行った。男子は、100メートルで今颯也(青森北出、東北学院大)が10秒68の大会新記録で優勝。ジュニアB3000メートルは桑田泰我(青森山田)が、終盤のデッドヒートを制し、9分9秒34で勝った。女子は、円盤投げで菊池聖奈(田名部)が県高校新記録・大会新記録となる45メートル07で頂点に立った。走り幅跳びは五十嵐心寧(弘前中央)が5メートル43で1位となった。最終日の12日は男女計16種目の決勝を行う。

...    
<記事全文を読む>