県は16日、バスケットボール男子B2で初優勝した信州ブレイブウォリアーズにスポーツ栄誉賞を贈った。県庁で贈呈式が開かれ、阿部知事から賞状などを受け取った運営会社の片貝社長は「大変感激している。B1昇格を目指して来季の準備に取り組みたい」と決意を新たにした。
 信州はチーム創設8季目の今季、B2年間勝率1位の通算48勝12敗で中地区を制し、プレーオフでは準決勝、決勝とも2連勝する圧倒的な強さを示して頂点に立った。信州は来季もB2で戦うが、B1ライセンス獲得のための課題となった債務超過について片貝社長は「増資などで解消のめどは立っている」とした。
 この日は帰国した外国...    
<記事全文を読む>