「育成の星」がまた一つスターへの階段を上った。Bリーグ表彰式で2度目の「ベストディフェンダー賞」と初の「リーグ戦ベスト5」に選出されたブレックスの遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)は「自分だけでポジションを築けたわけじゃない」と感謝の言葉を口にした。

 持ち前の守備力に加え、攻撃面でも結果を出した。今季は1試合平均11・7点をマークし、3点シュート成功率もリーグ2位の44・7%をマーク。5日に千葉県で行われた千葉とのチャンピオンシップ(CS)準決勝第2戦では、この試合で最大となる16点のリードを許した6分すぎから連続3点シュート。残り24秒にもファウルを誘いながら3点シュートを放...    
<記事全文を読む>