プロバスケットボールB1栃木ブレックスは14日、宇都宮市内でスポンサー向けのパーティーを開き、2018-19シーズンの成績を報告した。

 今季は東地区2位となり3季連続でチャンピオンシップ(CS)出場したものの、千葉に2連敗して準決勝で敗退した。2季ぶりの王座奪還を逃したが、鎌田真吾(かまたしんご)社長は「最後まで諦めない姿勢、泥くさいプレーを見せてくれて、自分が目指すチーム像を体現してくれた」と手応えを語った。

...    
<記事全文を読む>