ルートインBCリーグは11日、福井県越前市の丹南総合公園野球場などで5試合を行い、信濃グランセローズは同じ西地区の福井に8―9でサヨナラ負けした。連勝は2で止まり、前期通算8勝9敗で順位は2位のまま。

 信濃は2―1で迎えた六回に3失点して逆転されたが、七回にロドリゲスの2試合連続本塁打で同点に追いついた。八回に佐野の3点二塁打で勝ち越し、さらに武蔵の適時打で8―4とした。しかし、ここまで9試合(12イニング)連続無失点だった救援の保田が3点リードの九回、2点本塁打や失策が絡むなどしてリードを守れなかった。

 信濃は12日、上田県営球場で同地区3位の滋賀と対戦す...    
<記事全文を読む>