バスケットボールB3に県内から初参戦した岐阜スゥープスが、一シーズン目を終えた。六十試合を戦い抜き、通算成績は二十勝四十敗で、総合順位は十チーム中の六位。目標の「勝率五割」は来季へ持ち越した一方、観客動員数はリーグ二位と大健闘し、岐阜のバスケ界に確かな一歩を残した。

 五日、OKBぎふ清流アリーナであった最終戦。会場には「ゴー、スゥープス」と岐阜の攻撃を後押しする応援が何度も響いた。来季B2に昇格する首位の東京エクセレンスに何度も追い付き、終盤に突き放されて敗れたが、過去最多の千八百三十人の観客からは大きな拍手が湧いた。

 地域スポーツの新たな可能性を感じさせる...    
<記事全文を読む>