バスケットボールBリーグ1部レバンガ北海道の折茂が8日、札幌ドームの日本ハム―オリックス戦で、6年ぶり2度目の始球式に挑んだ。

 背番号9のユニホーム姿の折茂の球は山なりで、ノーバウンドで捕手のミットに収まった。ただ、バッターの頭上を通ったため、「あれは危険球」と苦笑い。バスケットボールの試合では感じない緊張をしたといい、「魔物が住んでいた。何か違うんだよ」と悔しがった。(石川仁美)

...    
<記事全文を読む>