守備に強いキングスとしてシーズンとCSを勝ち上がってきたが、総合力の高いA東京の守備の強度はもう一段階高かった。キングスはボールがなかなか回らず、いい形で放つシュートもリングに嫌われてしまう。佐々宜央HCは「A東京は第3戦でギアを上げてきた。第1Qは戦えたが第4Q全ては戦えない。ホーム開催の中で惜しい(内容)とは思えない。本気を出させたぐらい」と、強者との差を真摯(しんし)に受け止めた。  序盤は互いに堅守を発揮して、激しいマークやパスコースを抑えるディナイでぶつかり合ったが、第2Qのスコア6―21が響いた。「戦術の前段階でどれだけ激しくプレッシャーをかけるか」(佐々HC)。互いにタフ...    
<記事全文を読む>