男子プロバスケットボールBリーグの年間王者を決めるチャンピオンシップ(CS)で、栃木ブレックスは5日の準決勝第2戦で千葉に敗れて決勝進出を逃し、5季連続で主将を務めた田臥勇太(たぶせゆうた)(38)の戦いも幕を閉じた。今季は序盤からけがに苦しみながらも、2季ぶりの王座奪還に向けた旗振り役として個性豊かなチームをまとめた。個人的には「非常に悔しい」とシーズンを振り返り、「その分、来季へのモチベーションにもなっている」と現役続行に意欲を見せた。

 入団11年目の今季は試練の年になった。開幕6試合は先発出場したものの、昨年10月21日の北海道戦から腰痛のため約5カ月間欠場し、リハ...    
<記事全文を読む>