【沖縄】琉球ゴールデンキングスのチャンピオンシップ(CS)準決勝第2戦があった5日、沖縄市体育館は割れんばかりの大歓声に包まれた。約3600人のファンは、選手と一心同体となって強豪アルバルク東京を迎え撃ち、第3戦へとつなげた。「一緒に横浜へ行くぞ」。悲願の決勝戦進出に向け、気勢を上げた。

 一進一退の攻防に、観客は拍手や指笛で加勢した。ファンの声援がこぼれ落ちそうなボールをリングにねじ込み、相手にフリースローを決めさせなかった。第4クオーターで徐々に流れがキングスに傾く。須田侑太郎選手の3点弾、橋本竜馬選手のフリースローでの得点が続くと、会場の熱気は最高潮に達した。ウエーブ...    
<記事全文を読む>