70年余のバスケットボール競技歴がある国内最高齢競技者の在間弘さん(94)=北海道札幌市=が4日、沖縄県を訪れ、90歳で現役ソフトバレーボール競技者の仲地浩さん=沖縄市=とうるま市内で初対面した。2人は共に高齢者のスポーツマンを顕彰する「日本スポーツグランプリ」(日本スポーツ協会主催)の歴代受賞者。元教員という共通点もある。90歳を超えてもなお現役で活躍する“スーパーシニア”は健康の秘訣(ひけつ)を語り合い、「体が丈夫な限り運動を続けましょう」と互いを激励した。

 対面はソフトバレーボールとバスケットボールの競技者で、2人の共通の知人でもある福原兼治...    
<記事全文を読む>