プロバスケットボールBリーグの年間王者を決めるプレーオフ「チャンピオンシップ(CS)」準決勝第1戦は4日、千葉県の船橋アリーナなどで行われ、東地区2位の栃木ブレックスは67-75で同地区1位の千葉に競り負けた。

 ブレックスは先制点を許したものの、ライアン・ロシターや鵤誠司らがシュートを決めるなど11連続得点で第1クオーターを18-15とリード。しかし、第2クオーターは千葉の反撃を許し、34-35で前半を折り返した。

 第3クオーターは千葉の厳しい守りに苦しみ、一気に45-54とビハインド。第4クオーターも開始直後から8連続失点でさらにリードを広げられ、最後の追...    
<記事全文を読む>