プロバスケットボールBリーグ1部のチャンピオンシップ2018-19の準決勝第1戦は4日、沖縄市体育館で行われ、琉球ゴールデンキングスはアルバルク東京に57-67で敗れた。
 
 キングスは出だし好調で並里成や田代直希がA東京が攻める初手を抑えてミスを誘う。A東京は素早く修正し、ゴール下を固めた守備と激しい重圧をやり返すと、キングスがペースダウン。キングスはシュートが決まらず、第1クオーター(Q)後半から追う展開となり、第2Qは攻め手を欠く中、岸本隆一のドライブで流れを戻しかけたが、形勢は変わらず我慢比べのまま29-35で後半へ。
 後半はキングスの素早い守...    
<記事全文を読む>