最下位22位に低迷するサッカーJ2FC岐阜の運営会社岐阜フットボールクラブは29日、サポーターらへのおわびと順位上昇を目指す声明文をホームページ上に掲載した。クラブ関係者によると、シーズン途中でこうした声明を発表するのは異例という。

 チームは26日に第15節を終え、現在3連敗中。13節からは、就任3年目の大木武監督体制で初めての最下位に転落している。

 声明文は「FC岐阜を応援するすべての皆様へ」と題し、1桁順位を目指す中での最下位に「ご心配をおかけしておりますことを心からお詫(わ)び申し上げます」と謝罪。今後に向けて「勝ち点を積み上げ、所期の目標を達成する決...    
<記事全文を読む>