広島市中心部のサッカースタジアム建設を巡り、市と広島県、広島商工会議所の3者は30日、中区でトップ会談を開き、中央公園自由・芝生広場(中区)への建設に向けた基本方針を決めた。スタジアムを平和記念公園(同)と一体となった平和発信の拠点とし、中四国地方の発展をリードするにぎわいの拠点として整備することを掲げた。

 会談には松井一実市長、湯崎英彦知事、商議所の深山英樹会頭が出席。基本方針にはサッカーの試合日だけでなく年間を通じて人が集まる多機能複合型の施設とし、都心部再生の起爆剤とする考えも盛り込んだ。

 近く3者のトップで構成し、J1サンフレッチェ広島の久保允誉会長...    
<記事全文を読む>