サッカーのU‐22(22歳以下)日本代表の合宿が28日、千葉県内で始まり、J1鳥栖のMF松岡大起(17)が来年の東京五輪の出場に意欲を示した。五輪世代がそろったチームに“飛び級”で初選出されて「年齢は関係ない。ここで成長して、チャンスがあるなら狙いたい」と意気込んだ。

 フランスで行われるトゥーロン国際大会に出場するチームは、29日に現地入りする。国内での1日だけの練習には日本代表の森保監督も視察に訪れる中、ゲーム形式の練習で攻守に精力的な動きでアピールした。

 年齢的にはポーランドで開催中のU‐20ワールドカップ(W杯)への出場資格を持...    
<記事全文を読む>