◆明治安田生命J1第13節 鳥栖1―0鹿島(26日・駅前不動産スタジアム)

 サガン鳥栖が1‐0で鹿島に競り勝ち、2014年5月以来のリーグ戦3連勝で残留圏内の14位に浮上した。後半ロスタイムに豊田陽平(34)が今季2得点目となる決勝ゴールを決めた。3連勝は金明輝監督が就任し、豊田がスタメンに定着してからスタート。強い鳥栖がよみがえった。

■堅守速攻 完全復活

 真夏日でも34歳のストライカーは最後まで足を止めなかった。目安の4分に差し掛かろうとした後半ロスタイム。こぼれ球を拾った高橋義からのスルーパスに、豊田が途中出場の小野とともに反応した。左サイ...    
<記事全文を読む>