サッカー女子・チャレンジリーグ第7節最終日は26日、美作市の美作ラグビーサッカー場などで5試合が行われた。西地区(6チーム)の岡山湯郷ベルはアンジュヴィオレ広島と1―1で引き分け、吉備国大シャルムはNGUラブリッジ名古屋に1―5で敗れた。

 湯郷ベルは前半12分、FW足立の4戦連続ゴールで先制したが、後半に追い付かれた。勝ち点11(3勝2分け2敗)で、順位は4位のまま。シャルムは開幕から7連敗の勝ち点0で最下位6位。

 両チームは次節の6月2日、美作ラグビーサッカー場で対戦する。

...    
<記事全文を読む>