サッカーJ2のFC岐阜は十五節の二十六日、岐阜市の長良川競技場でFC町田ゼルビアと対戦し、1-2で敗れて三連敗。「中日新聞サンクスマッチ」として開催され、プロ野球中日のマスコット「ドアラ」が来場するなど多くのイベントが彩りを添えた。

 岐阜は前半20分にPKで先制点を献上。前半終了間際にも追加点を奪われた。後半にはFW前田遼一選手を投入して押し込み、試合終了間際にFW粟飯原尚平選手が1点を返したが及ばなかった。通算三勝三分け九敗の勝ち点12で、最下位の二十二位は変わらず。

 次節は六月一日、敵地で柏レイソル(六位)と対戦する。

<記事全文を読む>