ヴィッセル神戸に出合ったのは、16連敗を喫しながらもJ1残留を決めた1998年。6歳だった。小学生の頃はブラジル人ストライカーのオゼアスに憧れ、ヘディングを猛練習。大学時代は夜通し車を走らせて敵地に乗り込み、ゴール裏で声をからした。

 27歳の今年、もがき苦しむチームを記者として伝える立場になった。

 12日の鹿島戦後、リーグ6連敗の惨状を受け、サポーターがゴール裏に居残った。「ネタ探しはやめてくれ。俺たちも必死。適当な取材をするんだったら、いぶき(練習場)に来るな」とメディアにも怒りの矛先が向けられた。公式戦9連敗となった22日の名古屋戦後には生え抜きの小川慶...    
<記事全文を読む>