サッカーのJ1清水エスパルスは25日、イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンFCと業務提携を結んだ。静岡市内で開かれた調印式で清水の鈴木健一郎会長とサウサンプトンの高継勝オーナーが合意書に署名し、人的交流や情報交換を通じて互いの発展に貢献していくことを確認した。
 合意書には▽選手やスタッフの交流▽コーチ教育、医療科学などの分野で意見交換▽グッズの企画販売、宣伝の分野で協力-など11項目を盛り込んだ。
 下部組織を含めた選手の育成分野だけでなく、クラブマネジメントにも踏み込んだのが特徴で、鈴木会長は「互いに港町など共通性を感じる。単発ではなく、深い関係を築いて...    
<記事全文を読む>