サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第13節の26日午後2時から、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで鹿島アントラーズと対戦する。リーグ屈指の強豪との対戦だが、2014年以来5年ぶりの3連勝で勢いを加速させたい。金明輝(キン・ミョンヒ)監督は「自分たちが今どれだけやれるのか、真価が問われる試合になる」と選手の飛躍を期待する。

 鳥栖は通算成績3勝1分け8敗(勝ち点10)で17位。前節・広島戦は、終始攻め込まれて14本のシュートを浴びたものの、体を張った守備で踏ん張った。後半終了間際に相手のオウンゴールで1-0の勝利。リーグ戦7試合ぶりの完封で貴重な勝ち点3を加え、最下位を脱出した。...    
<記事全文を読む>