日本サッカー協会は24日、招待参加する南米選手権(6月14日開幕・ブラジル)に臨む日本代表23人を発表し、立田(清水)、安部(鹿島)やプロ経験のない上田(法大)ら13人が初招集された。23日に国際親善試合の日本代表に初選出された17歳の久保建(FC東京)ら3人を含め、東京五輪世代の16人が実質初のフル代表入りとなった。
 6月の親善試合2戦の代表にも入った主力の柴崎(ヘタフェ)中島(アルドハイル)、ベテランの川島(ストラスブール)岡崎(レスター)も選ばれた。森保監督は「若い選手が素晴らしい大会に出られることで成長につながり、来年の東京五輪にもプラスになる」と期待を込めた。 <記事全文を読む>