日本サッカー協会は24日、南米選手権(6月14日開幕・ブラジル)に出場する日本代表23人を発表し、U―22(22歳以下)日本代表でJ1松本山雅のFW前田大然(21)が初選出された。県内のクラブに所属する選手が、年齢制限のないフル代表に選ばれるのは男子では初めて。

 南米選手権は日本協会に選手を招集する拘束力がないため、今回は23歳以下が主力となる2020年東京五輪世代が中心の編成となった。23人のうち、前田を含め18人が東京五輪世代。フル代表と東京五輪代表の監督を兼任する森保一監督は同日の会見で「東京五輪で金メダルを取るためには、A(フル)代表で活躍できるくらいの...    
<記事全文を読む>