Jリーグ・YBCルヴァン・カップは1次リーグ最終戦となる第6節8試合を松本市のサンプロアルウィンなどで行い、D組の松本山雅はG大阪と0―0で引き分けた。1次リーグ敗退が決まっていた松本山雅は1勝2分け3敗の勝ち点5で、同組最下位の4位。
 松本山雅は18日のJ1第12節から先発全員を入れ替えた。左脚のけがから復帰した町田が攻撃的な1・5列目で先発したが、前半43分に負傷交代した。G大阪は、ともに元日本代表の遠藤と今野が先発した。
 松本山雅は前半10分と同15分にCKから永井が頭で狙ったが、ともに相手に阻まれて逸機。カウンター攻撃も得点につなげられず、公式戦6試合連...    
<記事全文を読む>